中生代展示室 豊橋市自然史博物館

ユアンモウサウルスとアロサウルス
ユアンモウサウルス(中央)とアロサウルス(左)

 中生代展示室では2億5000万年前~6500万年前の恐竜たちの時代、中生代を紹介しています。 中国雲南省で発見されたユアンモウサウルスの全身骨格(全長17m)など、 合計8体の恐竜を間近で見ることができ、迫力満点です。
  全身骨格以外にも恐竜の卵、糞(ふん)、胃石、歯、足跡の化石やふれることのできる大型の アンモナイトなど、330点の展示物があります。
  また、実物大のジオラマと映像を組み合わせた「恐竜劇場」が30分間隔で上演され、みなさんを恐竜の世界へいざないます。

恐竜劇場
恐竜劇場





展示ができるまでを紹介
展示改装日誌へ