豊橋市自然史博物館 開館30周年記念イヤーが開幕!

「開館30周年記念式典」 (終了)

2018年5月2日(水) 9:30~

 昭和63年(1988年)5月1日に開館した当館が、間もなく30歳の誕生日を迎えることを祝し記念式典を開催いたします。
式典当日は、初公開の恐竜化石の特別公開や名古屋芸術大学によるミュージアムコンサート、30周年を記念した年間優待券や缶バッジの発売も開始いたします。
 本年度は、今年だけのプレミアムな企画事業が目白押しです。
 どうぞご期待ください!

場所 自然史博物館 自然史スクエア
内容 初公開の恐竜化石のお披露目
ハッピーバースデー斉唱 など
参列者 豊橋市長、市議会議長、教育長、博物館ボランティア
二川小学校6年生、二川南小学校6年生児童
※どなたでもご参加いただけます。  

開館30周年記念イベント一覧はこちら

【名古屋芸術大学ミュージアムコンサート】

第1回ステージ 11:00~11:30
第2回ステージ 13:00~13:30

 

【初公開の恐竜化石をお披露目!】

エドモントサウルスの腰の骨が入った木の箱

 当館設立のきっかけとなった「エドモントサウルス」の全身骨格を組み立てる過程で、仮組をした際のオリジナル標本です。腰の部分が組み立てられた状態で保存されています。常設展示のエドモントサウルスの腰部分は、この標本を基に型どりしたものが金属の支柱と一体として展示されており、開館当初から、このオリジナル標本は、収蔵庫にて厳重に保管されてきました。 開館30周年を記念して初公開し、企画展「自然史博物館30年のあゆみ」にて、5月27日(日)までの期間限定で展示を行います。

もどる