第30回特別企画展
天空を制した巨大翼竜と鳥たち

2015年7月10日(金)~8月30日(日)

第30回特別企画展「天空を制した巨大翼竜と鳥たち」
【画像提供】ケツァルコアトルス:北九州市立自然史・歴史博物館、鳥類:高橋秀則さん


" この夏、過去と現在の天空の支配者が豊橋に集まる "

 はるか昔から私たちは天空を自由に翔る鳥たちを羨望の眼差しで見つめるとともに、色鮮やかな羽毛をまとい四季折々に美しい鳴き声を奏でる鳥たちに親しんできました。また、多様な自然環境を擁する東三河地方は鳥たちにとって非常に重要な地域で、一年を通して数多くの鳥たちを観察することができます。

 今回の特別企画展では、約300点の剥製や骨格標本を用いて、私たちが空へと進出するよりも遥か昔から空を手中に収めている鳥たちを様々な角度から紹介します。また、史上最大の空飛ぶ動物である、翼竜ケツァルコアトルスもあわせて展示します。


会場 豊橋市自然史博物館 特別企画展示室
開館時間 9:00~16:30(入場は16:00まで)

※7月10日は、開場式終了後(10時すぎごろから)の入場となります。ご了承ください。
休館日 毎週月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は翌平日)
観覧料

大人 400円(320円)  小・中学生 200円(160円)

※( )内は30名以上の団体料金
※この他に、総合動植物公園入園料が必要です
※未就学児は入園・観覧ともに無料
※「ほの国こどもパスポート」をお持ちの方、豊橋市の発行する敬老バッジまたはシルバー優待カード、身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は入園・観覧無料

問合せ

豊橋市自然史博物館 (トップページ / 来館案内)
TEL (0532)41-4747

20% OFF! お得な割引券はこちら (pdfファイル, 234 KB)
※割引券をプリントアウトし、アンケートにご記入の上、特別企画展受付へご持参ください。
※スマートフォンやタブレットなどの画面提示による割引はできません。

展示内容

ケツァルコアトルスⅠ.天舞う多様な生物たち

 史上最大の空飛ぶ動物である翼竜ケツァルコアトルスの復元模型を始め、空飛ぶ様々な脊椎動物を紹介します。

チョウゲンボウⅡ.天空を制した鳥たち

 翼竜絶滅後、空の支配者となり、大空を手中に収めた鳥たちの秘密を大解剖!!これであなたも鳥博士!!

カンムリウミスズメⅢ.飛ぶことをやめた鳥たち

 天空から地上へ再び舞い戻り、地上で生活することを選んだ鳥たちを紹介します。

サシバ(角村健一氏撮影)Ⅳ.東三河の空を翔る鳥たち

 日本有数の渡り鳥の中継地、汐川干潟を始め、東三河地方では数多くの鳥を観察することができます。東三河地方で見ることができる鳥たちを紹介します。

セグロカモメ(高橋秀則氏撮影)Ⅴ.空にあこがれて

 東三河地方やその近隣で活動している鳥や空を飛ぶことに関係する団体を紹介します。

会場でのお楽しみコーナー

発泡スチロールペーパーで鳥や翼竜の形をした紙飛行機「ふわふわ鳥」をつくろう!

~関連イベント~


記念講演会 「巨大翼竜は飛べたのか―論文発表の反響とその後の進展」
7月26日(日)14:00~15:00
講師:東京大学教授 佐藤克文さん

ワークショップ「鳥凧を作ってみよう!」
8日9日(日)13:30~16:00
講師:豊橋凧保存会の皆さん
定員:25名(小4以上) ※申込み多数の場合は抽選
参加費:500円
申込み:往復はがきで7月23日(木)必着 往復はがき書き方見本
お電話(0532-41-4747)かメールで先着順
鳥の形をした凧を作って、実際に飛ばしてみます。

※行事は、都合により変更することがあります