ユーティリティ(Utility)

投映番組 - プラネタリウム

投映番組

各番組月間投映予定はこちら 月間投映予定

コズミックフロント ファーストスター誕生

コズミックフロント

クオリティの高さで評判のNHK-BS「コズミックフロント」がプラネタリウムに初登場!
誕生直後の宇宙にはひとつの星もなく、ただ暗闇だけ広がっていました。
宇宙にも”一番最初に輝き出した星”があるはずです。
科学者たちは、このファーストスターを解明しようと、様々な挑戦をしています。

ナレーション:萩原聖人

投映時間:約50分(星空解説を含む)

投映期間:
 ・2015年10月31日(土)~2016年2月21日(日) までの土日祝日:
   13:00~
 ・[冬休み臨時投映] 2015年12月24日(木)・25日(金)、2016年1月5日(火)・6日(水):
   13:30~
 ・2015年11月4日(火)~2016年2月19日(金)までの火・木曜日(冬休み臨時投映期間を除く):
   15:00~

 

©2015 NHK、(C)渋谷区/NHKエデュケーショナル、D&Dピクチャーズ

 

スターオーシャン 太陽系外惑星への航海

コズミックフロント

この広大な銀河の中で、地球のように、生命が存在するほしはあるのでしょうか?
最近の観測成果に基づき、系外惑星の風景を精細なCGでドームに再現。
さぁ、この広い宇宙の中で、いのちの星を探す航海に旅立ちましょう。

ナレーション:優香

投映時間:約50分(星空解説を含む)

投映期間:
 ・2015年10月31日(土)~2016年2月21日(日) までの土日祝日:
   15:30~

 

©Albedo Fulldome S.L

 

名探偵コナン 探偵たちの星月夜(スターリーナイト)

名探偵コナン 探偵たちの星月夜

夏休みの自由研究のため、米花町にあるプラネタリウムに行くことになったコナンと少年探偵団。
コナンの正体を知る探偵とはいったい誰なのか?
プラネタリウムを舞台に探偵たちの対決が、今はじまる。

声の出演:高山みなみ/緒方賢一/林原めぐみ/国府田マリ子
      島本須美/山口勝平/鈴木達央 他

投映時間:約50分(星空解説を含む)

投映期間:
 ・2015年10月31日(土)~2016年2月21日(日) までの土日祝日:
   11:00~
 ・[冬休み臨時投映] 2015年12月24日(木)・25日(金)、2016年1月5日(火)・6日(水):
   11:00~

 

©青山剛昌 / 小学館・読売テレビ・TMS 1996

 

おじゃる丸プラネタリウムスペシャル 銀河がマロを呼んでいる ~ふたりのねがい 星~

おじゃる丸 銀河がマロを呼んでいる

おじゃる丸とカズマが銀河鉄道に乗って「ねがい」をかなえる旅に出る、ファンタスティックな物語。
小さい子どもから大人まで家族そろって楽しめる、見ごたえたっぷりのプラネタリウムスペシャルです!

声の出演:西村ちなみ/渕崎ゆりこ/佐藤なるみ
      名塚佳織/うえだゆうじ/こおろぎさとみ 他

投映時間:約50分(星空解説を含む)

投映期間:
 ・2015年10月31日(土)~2016年2月21日(日) までの土日祝日:
   14:15~
 ・[冬休み臨時投映] 2015年12月24日(木)・25日(金)、2016年1月5日(火)・6日(水):
   15:00~
 ・2015年11月4日(火)~2016年2月19日(金)までの水・金曜日(冬休み臨時投映期間を除く):
   15:00~

©犬丸りん・NHK・NEP

 

学芸員におまかせ投映

天文教室・学芸員におまかせ投映

天文学の旬の話題や、学芸員(天文担当:豊増伸治)おすすめの

映像などを、月に一度(第3日曜日の15:30からの回)特別に投映します。

何が出るか?は、その日のお楽しみ!

 

投映期間:
毎月第3日曜日の4回目の投映(15:30からの回)

※行事等が重なった場合は、通常の投映となります。


おまかせ予定(2015.12.20):

先月のアストロバイオロジーの勉強会の成果をお伝えしたいところですが、
やっぱり今月は「はやぶさ2」と「あかつき」ですよね。

※内容は当日ご参集の皆様の趣向やリクエスト、社会情勢、学芸員の気分等で変更になることがあります。あらかじめご了承ください。

 

宇宙エレベーター 2061年豊橋から宇宙の旅(プラネタリウム リニューアル1周年記念 豊橋オリジナル番組)

当館オリジナル番組、宇宙エレベーター(臨時投映、希望団体用)

宇宙エレベーター

宇宙までのびる巨大なエレベーター。かつて夢物語だった技術が今、現実の目標として語られています。そんな近未来の風景をプラネタリウムドームに表現しました。

宇宙エレベーターの魅力の一つは、宇宙飛行士でなくても宇宙へ行けるという点です。番組の舞台はおよそ50年後の2061年。来場者のみなさんは、宇宙エレベーターの乗客となって、宇宙旅行を疑似体験!本当にこんな世の中が来るのでしょうか?

番組冒頭では、ここ豊橋の風景や文化をプラネタリウムに映し出します。ドームスクリーンに広がる映像にご期待ください。

※この番組は2012年に豊橋市が中心になって企画・制作されたプログラムです。

投映時間:約50分(星空解説を含む)

 

©Space Elevator Visualization Group/JSEA

YouTubeでトレーラーを見る(外部サイトへ)

 

 

 

 

プラネタリウム歴代投映機の紹介はこちら(PDF, 1.97MB)(2012年1月7日)